奈良県橿原市久米町の心療内科・精神科・カウンセリングなら「医療法人光司会 神宮前こころのクリニック」

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD)とは?

OCDとは?

OCD(Obsessive Compulsive Disorder)・強迫性障害は、かつては強迫神経症と呼ばれていました。OCDは不安障害という病気の一つに分類されます。OCDの症状は、「強迫症状」と呼ばれ、次の2つがあります。

強迫観念

不適切な考えが繰り返し頭に思い浮かび、ふり払おうとしても頭にこびりついてしまって、なかなか消し去ることができず、強い苦痛や不安をもたらします。

強迫行為

強迫観念の衝動に従って、苦痛や不安を打ち消すために行われます。何度洗っても汚れが残っているような気がして、延々と洗い続けてしまう、鍵がちゃんとかかっているのか何度も何度も確認してしまうような繰り返しがみられます。ほかにも他人からは目に見える行為ではありませんが、頭のなかで祈ったり、数をかぞえたり、何かを唱えるといった行為もあります。

よくみられる強迫観念と強迫行為

汚染/洗浄

汚染に対する不安(強迫観念)によって、過剰な洗浄行為(強迫行為)をしたくなります。 たとえば、トイレの後、自分が汚れたような気がして、いくら手洗いをしても、「清潔になった」という実感がもてず、延々と手を洗い続けることがあります。また、外出先から戻るとまずシャワーを浴びて、すべて着替えないと気が済まない場合もあります。これは、外からの汚れを持ち込まないためにする行為で、家族に同様の行為を強制することもあります。外出の準備に何時間もかかったり、帰宅後、洗浄する行為が非常に大変なので、外へ出かけることがつらくなり、引きこもりになってしまう場合もあります。

加害/自分への危害

ちょっとした不注意から、自分に危害が及ぶことを心配する人もいれば、他人に悪いことが起きてしまう(加害不安)という強迫観念をもつ人もいます。たとえば、自分への危害が心配な人では、刃物がそばにあることで強迫観念が生じ、その刃物に触れていないのにけがをするのではと不安が高じます。一方、加害を不安に思う人では、同じ場面にあっても人を傷つけてしまうのではと不安になります。加害不安では、車の運転中にちょっとした違和感を覚えただけで、人や動物をひいたのではないかという不安に襲われたり、ホームですれ違っただけでその人を線路へ突き落としたりするのではないかという考えにとらわれてしまう人もいます。暴力的な衝動があって困るのではなく、そのようなことがもしも起きてしまったら、という不安から過剰に警戒してしまうのです。

確認

確認は、さまざまな強迫観念によって引き起こされる強迫行為です。いずれの場合もあっさり点検しただけでは不十分な気がして、何度も繰り返したり、綿密に確認を行ったりします。 たとえば、外出するとき、玄関に鍵をかけたかどうか不安(強迫観念)になり、何度も確認(強迫行為)します。また、電気製品を使ったあとコンセントを抜いたか、ガスの元栓を閉め忘れていないか、気になって何度も確認してしまいます。自分への危害、加害不安の強迫観念がある人では、危害を加えたのではないかと過剰に確認することはよくみられます。汚染が気になる人では、きちんと洗えたか、わずかな汚れがついていないかと、確認をすることがあります。

正確さ・順序・対称性

ものの配置が必ず左右対称でないといけない、まっすぐに並んでいなくてはいけないととらわれてしまうもので、たいして意味のないものにまで、厳密にそのルールを当てはめようとします。そして、ルール通りにいかないと落ち着かず不安になります。また、ズボンのすその位置がちゃんとしているか、机と椅子の高さや本と自分の目の距離が適正かなどが、気になって仕方がないという人もいます。

強迫的ため込み

強迫観念により、ものを過剰に集めて、それを整理したり捨てたりすることが困難になるものです。 たとえば、捨てたら二度と手に入らないのではないか、いつか使うときに大変な後悔をするのではないかという思いから、古新聞や不要になったダイレクトメール、洋服や日用品など捨てられずに、家のなかが不要なものでいっぱいになってしまいます。 また、この機会を逃したら次は手に入らないかもしれない、貴重な情報が載っていたらどうしようなどの不安な動機によって、本来不要なものまで、買ったり集めたりすることもあります。

OCDの原因

セロトニン仮説

 

シナプスでのセロトニンのはたらきSSIRを服用した場合

 
どのような原因から、人はOCDを発症するのでしょう。原因については、まだ正確にはわかっていないのが現状です。 しかし、最近の研究から、OCDは、脳内の神経伝達物質の一つであるセロトニンの代謝に関係があるということがわかってきました。 脳のなかでは、多くの神経細胞が接続しながら情報を伝達しています。その接続部分をシナプスといい、そこにはわずかな隙間があります。そこで情報を伝達する物質が神経伝達物質であり、その一つがセロトニンです。 シナプスには、神経細胞から放出され自由に活動できるフリーセロトニンが存在しますが、OCDの患者さんはこのフリーセロトニンの量が少ないのではないかと考えられています。

OCDに有効な薬に選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)があります。この薬はセロトニンだけに作用し、脳内で神経伝達に使われるセロトニンが減らないようにすると考えられています。つまり、セロトニンだけに作用する薬がOCDに対して効果があるというところから、脳内のセロトニンの働きが悪いのが、OCDの原因ではないかと考えられるのです。 ほかにも、多くの臨床研究で、OCDはセロトニンがうまく働かないことが影響した疾患であるということが示唆されてきています。

脳の画像研究からわかってきたこと

PET(ポジトロン断層法)やSPECT(単一光子放射断層撮影)を使った脳の画像研究から、OCDの発現には、大脳の前頭葉皮質から基底核、視床への回路の機能異常が関係している可能性が示唆されています。
症状があるときには脳の特定の部位の糖代謝が異常に高まったり、血流量が増えたりすることから、OCDでは、神経回路の機能に異常がみられるととらえる報告もあります。脳の機能については現在、詳細な仕組みの解明が進んでいます。
 

外側面内側面

 
OCDの人では、前頭眼窩面、前部帯状回、尾状核などの部位が過剰にはたらきすぎていることがわかってきた。

◆参考文献:『エキスパートによる強迫性障害(OCD)治療ブック』編集代表・上島国利/編集協力・OCD研究会/星和書店2010

OCDの薬物療法

OCDの治療に使われる薬

OCDの治療には、これまでさまざまな抗うつ薬や向精神薬が試されてきました。 そのなかで明らかにOCDに対する治療効果がみられたものは、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というタイプの薬です。 SSRIは抗うつ薬の一つで、興奮や抑制の情報を伝達するセロトニン系の神経だけに働きかけ、神経細胞から放出されたセロトニンが、再び元の神経細胞に取り込まれてしまうのを妨げる作用があります。この結果、二つの神経細胞が接続する部分(シナプス)でのフリーセロトニンの量が増え、神経伝達の働きがよくなることで、OCDの症状を軽減させると考えられます。日本でOCDの治療薬として認められているものは、フルボキサミンとパロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラムという薬です。

OCDの認知行動療法

行動療法と薬物療法とを併用することで、より治療効果が得やすくなります。薬物療法のみで治療した人よりも行動療法を併用した人のほうが、再発率が低いという報告もあります。しかし、行動療法も薬物療法もすぐに効果が現れるものではありません。根気よく続けることが大切です。

認知療法と行動療法⇒認知行動療法

認知とはその人の考え方や記憶などをいい、認知療法は自分では気づきにくい考え方の癖にはたらきかけます。行動療法はその人の問題となっている行動の修正を目指します。しかし、これら二つの精神療法は、とても密接にかかわりあっていて、これらの技法を組み合わせて用いられることが増え、二つを合わせて「認知行動療法」と呼ぶことが多くなってきています。

OCDの患者さんによく行われる認知行動療法は、曝露(ばくろ)と反応妨害の二つの技法を組み合わせて行う曝露反応妨害法です。

曝露=これまで恐れたり避けたりしていた状況に、あえて向き合うこと。そして、恐れていたような悪いことは起きないと学習する。
例)不潔だと感じる床や土にあえて触る

反応妨害=これまで不安や不快感を消すために行ってきた強迫行為をできるだけしないこと。そして、不安や苦痛が次第に減っていくことを体験する。
例)曝露した直後から、強迫行為としての手洗いをできるだけ行わない。苦手なものに触れる 手洗いをしない。

家族ができること

強迫症状に苦しむ家族がいると、そんな姿を見ていられなくて、強迫症状につい手を貸してしまったり、「病気を改善させるためだ」と心を鬼にして強い態度で接してみたり、無視してしまうことなどがあります。このような接し方は、いずれの場合でも患者さんにストレスを与え、症状を悪化させることにもなりかねません。
患者さんのために家族ができることを考えていきましょう。

病気を理解する

まずは、OCDという病気を正しく理解しましょう。 家族も心理教育によって、OCDという病気を正しく理解することが、適切な判断をするためには役立ちます。 手洗いをやめられない患者さんの手が、洗い過ぎで荒れていたとします。ご家族は、その手を見てつらい気持ちを共有することでしょう。患者さんの気持ちに寄り添うことは支援への第一歩ですが、共感だけでは病気への正しい理解につながりません。 患者さんと一緒に病院へ行き、患者さんの現状を知る。そして、医師の説明を一緒に聞くことで、病気への理解は深まります。 病気を正しく理解することで、病気の原因に対する誤解なども防げますし、強迫行為を無理にやめさせようとして、患者さんとの間で生じるトラブルを回避することもできます。

強迫行為に巻き込まれない

家族が患者さんの強迫行為に巻き込まれて、知らず知らずのうちに協力しているということが少なくありません。ガスの元栓が締まっているか、本人だけの確認では安心できないため、家族にも確認の質問をする、外出から戻ったときは、家族にもシャワーを浴びることを強制するなどした場合、患者さんの気持ちを和らげようと、要求を受け入れてしまうことがあります。 本人のためを思っての手助けであっても、病状の悪化につながることがあります。このことを患者さん本人と家族がともに理解することが大切です。家族が巻き込まれて強迫行為の手伝いをして、それが習慣になってしまうと、やめることが難しくなっていきます。そのような場合、専門家に相談しながら改善につなげていくようにしましょう。

干渉しすぎない

患者さんに対して干渉しすぎないということも大切です。 患者さんを思うあまりに家族が本人に代わってやってあげる、本人の意見を過剰に否定したりと、干渉がすぎると、患者さんは自分の考えや行動に自信がなくなり、症状を悪化させることもあります。
家族は患者さんと適度な距離を保てると理想的です。

受診の勧め

強迫症状に苦しんでいても、病院へ行きたがらないことも珍しくありません。 受診したがらない理由はいくつか考えられますが、「病院へ行ったって治らない」「精神科の病院へは行きたくない」など、悲観的な考えや恐れによるものが多いようです。このような不安を一つひとつ取り除くことで、病院へ行ってみよう、と決心してくれることがあります。
病気や病院に対しての情報をあまりもっていなかったり、情報が偏っていたりすると、不安を増長させてしまうことがあります。家族は正しい知識を患者さんへ伝え、無理強いはせずに受診の機会を待ちましょう。

家族の方のストレスケア

患者さん中心の生活を長く送っていると、家族の方の負担も大きくなり、ストレスが生じてきます。患者さんの生活があるように、家族の方にもそれぞれの生活があります。余裕をもって患者さんと接するためにも、家族があまり無理をしないことが大切です。ときには、自分だけの趣味の時間や楽しみをもち、リフレッシュするのもいいと思います。

自身やご家族、身近な方に思い当たる症状がございましたら、お気軽にご予約・ご来院下さい。

診療時間

診療時間
午前
9:30~13:00
髙橋 院長 院長 院長 院長★
午後
16:00~20:00
院長 院長 院長 院長

★:土曜は9:30~13:30
※月曜日午前の診療のみ、髙橋医師の担当になります。

当院へのアクセス

アクセスマップ
GoogleMapで見る

〒634-0063
奈良県橿原市久米町569
ヒロタウエストゲート神宮前1階
近鉄「橿原神宮前」駅
西出口すぐ
お車でお越しの方へ 当院専用の駐車場がございますので、そちらをご利用ください。
ただし台数に限りがございますので、満車の際にはすぐにご利用頂けない場合もございます。予めご了承ください。
なお、近隣のコインパーキングをご利用の場合、当院で駐車費用の負担はいたしておりません。患者様の自己負担となりますので、予めご了承ください。
完全予約制 TEL:0744-47-3935
【予約専用ダイヤル】 0744-47-3937
初診のご予約は、毎月1日と15日の診療開始時(9:30~)よりお電話にて受付致します。
※1日と15日が祝日・休診日の場合は翌診療日の電話受付となります。
 

初診の方へ

[ 当院は完全予約制です ]
初診のご予約は、毎月1日と15日の診療開始時(9:30~)よりお電話にて受付致します。
※1日と15日が祝日・休診日の場合は翌診療日の電話受付となります。
また、あらかじめ問診票を書いてお越し頂くと、比較的スムーズに受付ができます。
問診票はこちら[PDF]

下記のものをお持ちください。
◎健康保険証
◎おくすり手帳
(定期的に服用しているお薬がある方)
◎紹介状、診療情報提供書
(転医などの場合)

診療内容

うつ病 ものわすれ 不眠症・睡眠障害 強迫性障害(OCD) 児童・思春期精神科 認知症サポート
 

その他の疾患

医院からのお願い

初診時、保険証変更時、
月に一度保険証のご提示をよろしくお願いします。

診療時間

診療時間
  9:30-13:00
16:00-20:00

★:土曜は9:30~13:30

担当医についてはこちら

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日

当院までのアクセス

〒634-0063
奈良県橿原市久米町569
ヒロタウエストゲート神宮前1階

近鉄「橿原神宮前」駅
西出口すぐ

大きな地図で見る
 

お車でお越しの方へ

 

TEL

お気軽にお問い合わせください。
0744-47-3935
[ 完全予約制 ]
【予約専用ダイヤル】 0744-47-3937
初診のご予約は、毎月1日と15日の診療開始時(9:30~)よりお電話にて受付致します。
※1日と15日が祝日・休診日の場合は翌診療日の電話受付となります。